6.腎・泌尿器系

ケレンディア(フィネレノン)の作用機序・特徴【糖尿病性腎臓病】

2022年3月28日、「2型糖尿病性腎臓病(DKD)」を対象疾患とするケレンディア錠(フィネレノン)が承認されました!

バイエル薬品|ニュースリリース

基本情報

製品名ケレンディア錠10mg・20mg
一般名フィネレノン
製品名の由来Cardio、Renal、Diabetesに由来する造語
製造販売バイエル薬品(株)
効能・効果2型糖尿病を合併する慢性腎臓病
ただし、末期腎不全又は透析施行中の患者を除く。
用法・用量通常、成人にはフィネレノンとして以下の用量を1日1回経口投与する。(詳細
収載時の薬価10mg:149.10円
20mg:213.10円
発売日

<効能又は効果に関連する注意>

  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬又はアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬による治療が適さない場合を除き、これらの薬剤が投与されている患者に投与すること。
  • 本剤投与によりeGFRが低下することがあることから、eGFRが25mL/min/1.73m2未満の患者には、リスクとベネフィットを考慮した上で、本剤投与の適否を慎重に判断すること。
  • 日本人部分集団では、国際共同第Ⅲ相試験(試験16244)の主要評価項目の腎複合エンドポイントにおいて、本剤のプラセボに対するハザード比は0.911であった一方で、国際共同第Ⅲ相試験(試験16244)の主要評価項目の構成要素の腎不全、及び国際共同第Ⅲ相試験(試験17530)の副次評価項目の腎複合エンドポイントにおいては、本剤のプラセボに対するハザード比が1を上回った。試験の対象となった全体集団と比べて日本人では本剤の腎不全への進展抑制効果が弱い可能性がある
  • 「17.臨床成績」の項の内容を熟知し、臨床試験に組み入れられた患者の背景(原疾患、併用薬、腎機能、アルブミン尿等)を十分に理解した上で、適応患者を選択すること。

 

ケレンディアは新規の非ステロイド型のアルドステロン拮抗薬(ミネラルコルチコイド受容体遮断薬)に分類されています。

 

ミネラルコルチコイド(MR)受容体遮断薬と言えば、高血圧症で使用されている

が有名ですよね。

 

ケレンディアは高血圧症ではなく、糖尿病性腎臓病(DKD)の治療薬として開発されました!というのも、糖尿病ではしばしばアルドステロンやMR受容体が過剰に活性化されていて、それによる臓器障害が引き起こされると考えられているからです。

 

木元 貴祥
他疾患への応用も期待できるのではないでしょうか♪

 

今回は糖尿病による慢性腎臓病のメカニズムと、ケレンディア(フィネレノン)の作用機序とエビデンスについて紹介していきます!

 

慢性腎臓病(CKD)と糖尿病性腎臓病(DKD)

慢性腎臓病(CKD:chronic kidney disease)は、腎障害が慢性的に持続する疾患の全体を意味するもので、以下の場合、CKDと確定診断されます。1)

  • 尿異常(蛋白尿)、画像診断・血液所見・病理所見等で腎障害の存在が明らか
  • GFRが60(mL/分/1.73㎡)未満

※GFR:「糸球体ろ過量」のことで、腎機能の指標です。

 

CKDのリスク因子としては、以下ですね。

 

特に糖尿病患者さんでは約40%がCKDを発症すると言われていますよー!2)

 

また、2型糖尿病患者さんの中には、しばしば顕性アルブミン尿を伴わないままGFRが低下することが知られていて、このような非典型的な糖尿病関連腎疾患を含む概念として「糖尿病性腎臓病:Diabetic kidney disease(DKD)」という新しい定義が提唱されました。1)

 

木元 貴祥
糖尿病は様々な臓器に障害を与えますからね・・・。腎臓のダメージが蓄積されることで腎全体の機能が低下してCKDを合併すると考えられますよ。

 

糖尿病の疾患については別記事で解説していますので、併せてご確認ください♪フォシーガは糖尿病とCKDの両適応を有していますので、参考になると思います。

 

さて、CKDの初期はほとんど無症状のため徐々に腎機能が低下していきます。

 

腎臓は老廃物の排泄骨代謝造血器機能調節といった様々な役割を担っているので、CKDによって腎機能低下が進行してしまうと、

といった様々な症状が現れます。

 

従って、早期からリスク因子である原疾患の治療(例:糖尿病に起因する場合は糖尿病の治療)の他、症状に対する対処療法と共に、生活習慣改善が重要です!

DKDの場合、高血圧状態になることも多いため、ループ利尿薬の他、ARB(アンジオテンシンⅡ受容体阻害薬)ACE阻害薬などのRA(レニン-アンジオテンシン)系阻害薬を使用することがあります。

 

ちなみに、CKDの症状の一つである腎性貧血に対しては

が使用されます。

エベレンゾ(ロキサデュスタット)の作用機序:類薬との比較・違い【腎性貧血】

続きを見る

 

木元 貴祥
それではケレンディアの関与するレニン-アンジオテンシン系とアルドステロンについて説明します。

 

レニン-アンジオテンシン系は高血圧でよく用いられる概念ですが、糖尿病やCKDでも活性化しているため、重要ですよ~。3)

 

レニン-アンジオテンシン系とアルドステロン

体内には、血圧や体液バランスを保つために「レニン-アンジオテンシン系(RA系)」と呼ばれる調節機構があります。

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(RAA)系と言うことも

 

腎臓の糸球体の壁には傍糸球体装置と呼ばれる部位があり、血圧を感知して、レニンと呼ばれる物質の分泌を調節しています。

 

分泌されたレニンは、肝臓で合成された「アンジオテンシノーゲン」を「アンジオテンシンⅠ(ATⅠ)」に変換します。

 

その後、ATⅠは血管内皮細胞膜にあるアンジオテンシン変換酵素(ACE)により「アンジオテンシンⅡ(ATⅡ)」に変換されます。

 

ATⅡが結合がAT1受容体に結合することで強力な血管収縮作用に伴う血圧上昇を引き起こします。

また、ATⅡが副腎に作用することで合成されるのがアルドステロンです。

 

糖尿病やCKDでもRA系が活性化することが知られているため、DKDの病態を考える上で大切です!

レニン-アンジオテンシン系とアルドステロンの分泌

 

 

アルドステロンは腎臓の遠位尿細管に存在しているミネラルコルチコイド(MR)受容体に作用し、水の再吸収を促進させることで血圧上昇効果を有しています。血圧が上昇すると、心臓や腎臓に負荷が掛かり、その機能の低下に繋がってしまいます。

 

さらに腎臓や心臓にも存在している同受容体に作用することで、様々なメカニズムによって腎障害・心障害が引き起こされると考えらえています。

アルドステロンのMR受容体への作用・影響:血圧上昇および、臓器障害を引き起こす

 

木元 貴祥
実はアルドステロンは様々な疾患に関与している物質なんですね・・・。

 

ケレンディア(フィネレノン)の作用機序・特徴

ケレンディアは尿細管および各組織に存在しているミネラルコルチコイド(MR)受容体を選択的に遮断する非ステロイド型の薬剤です。

尿細管に作用することで体液貯留量が減少し、腎臓・心臓の負荷が軽減され、加えて組織のMR受容体が遮断されることで臓器障害が抑制されると考えられています。4)

ケレンディア(フィネレノン)の作用機序:非ステロイド型のミネラルコルチコイド(MR)受容体選択的遮断薬

 

木元 貴祥
以上の作用機序によって腎保護・心保護作用も期待されていますよ~!

 

昔のMR受容体遮断薬はステロイド型(例:アルダクトン、セララ)で、特に第一世代のアルダクトンはMR受容体への選択性が低く、性ホルモン受容体等にも作用してしまうため、男性の女性化乳房、陰萎、月経痛などの副作用が懸念されていました。

その後、MR受容体選択性を高めた第二世代のセララが登場し、上記の副作用が少なくなりましたが、それでもしばしば発現します。

 

ケレンディアはよりMR受容体選択性を高めた非ステロイド型という特徴があるため、女性化乳房等の副作用の軽減が期待できるのではないでしょうか。

 

エビデンス紹介:FIDELIO-DKD、FIGARO-DKD

根拠となった代表的な臨床試験は以下の2つの第Ⅲ相臨床試験です(いずれもプラセボと比較)。

  • FIDELIO-DKD試験(試験16244)5):2型糖尿病を合併するCKD患者さんを対象に、腎不全および腎臓病の進行抑制効果をプラセボと比較
  • FIGARO-DKD試験(試験17530)6):2型糖尿病を合併するCKD患者さんを対象に、心血管疾患の罹患率と死亡率の低減に関してプラセボと比較

 

いずれの臨床試験もケレンディア群で有意な改善が得られていますが、今回は代表例としてFIDELIO-DKDをご紹介します。5)

 

本試験は2型糖尿病を合併するCKD患者さん(CKD治療のためACE阻害薬やARBを使用)を対象に、標準治療に加えてケレンディアとプラセボを比較する第Ⅲ相臨床試験です。

併用薬剤の内訳:ACE阻害薬34.2%、ARB65.7%、利尿薬56.6%、スタチン系薬剤74.3%、カリウム低下薬2.4%、血糖降下薬(インスリン製剤64.1%、GLP-1受容体作動薬6.9%、SGLT2阻害薬4.6%)

 

主要評価項目は「腎不全+eGFRの40%以上の持続的低下+腎臓死」の複合アウトカムとされ、結果は以下の通りでした。

ケレンディア群プラセボ群
主要評価項目
(腎不全+eGFRの40%以上の持続的低下+腎臓死)
17.8%21.1%
HR 0.82[95%CI:0.73-0.93]、
p=0.001
副次評価項目
(心血管死+非致死性心筋梗塞+非致死性脳卒中+心不全による入院)
13.0%14.8%
HR 0.86[95%CI:0.75-0.99]、
p=0.03

 

いずれの評価項目でも有意にケレンディア群で改善している結果ですね!

 

ただし、添付文書の「効能又は効果に関連する注意」には以下の記載があるため、日本人での治療効果については解釈が分かれるところかもしれませんね。

日本人部分集団では、国際共同第Ⅲ相試験(試験16244)の主要評価項目の腎複合エンドポイントにおいて、本剤のプラセボに対するハザード比は0.911であった一方で、国際共同第Ⅲ相試験(試験16244)の主要評価項目の構成要素の腎不全、及び国際共同第Ⅲ相試験(試験17530)の副次評価項目の腎複合エンドポイントにおいては、本剤のプラセボに対するハザード比が1を上回った。試験の対象となった全体集団と比べて日本人では本剤の腎不全への進展抑制効果が弱い可能性がある。

 

副作用

1%以上に認められる副作用として、低血圧や糸球体ろ過率減少が報告されています。

 

また、重大な副作用としては

  • 高カリウム血症(8.8%)

が挙げられていますので特に注意が必要です。

 

木元 貴祥
これは他のMR受容体遮断薬も共通ですね。

 

用法・用量

通常、成人にはフィネレノンとして以下の用量を1日1回経口投与します。

  • eGFR が60mL/min/1.73m2以上:20mg
  • eGFR が60mL/min/1.73m2未満:10mgから投与を開始し、血清カリウム値、eGFRに応じて、投与開始から4週間後を目安に20mgへ増量する。

 

木元 貴祥
eGFRに応じて投与量が異なりますので注意が必要ですね。

 

収載時の薬価

収載時(2022年5月25日)の薬価は以下の通りです。

  • ケレンディア錠10mg:149.10円
  • ケレンディア錠20mg:213.10円

 

算定根拠については以下をご参考ください。

【新薬:薬価収載】14製品(2022年5月25日)

続きを見る

 

アルドステロン拮抗薬(MR受容体遮断薬)の一覧:アルダクトン、セララ、ミネブロとの違い・比較

アルドステロン拮抗薬(MR受容体遮断薬)には現在、

があり、いずれも高血圧症を中心とした適応症です。以下の記事で上記3製品についてまとめています。

ミネブロ(エサキセレノン)の作用機序・特徴:セララとの違い【高血圧】

続きを見る

 

ケレンディアはミネブロと同じく第三世代ですが、糖尿病性腎臓病を対象とする初のMR受容体遮断薬です。

 

参考までに適応症や用法、禁忌項目等の比較一覧表についてまとめてみました♪

アルドステロン拮抗薬(MR受容体遮断薬)の一覧表:ケレンディア、アルダクトン、セララ、ミネブロとの違い・比較

 

まとめ・あとがき

ケレンディアはこんな薬

  • 糖尿病性腎臓病(DKD)を対象とする初のMR受容体遮断薬(アルドステロン拮抗薬)
  • 尿細管および腎・心臓のMR受容体を遮断することで、CKDの進行を抑制する
  • 非ステロイド型のため、性ホルモン関連の副作用軽減が期待
  • 高カリウム血症には注意が必要

 

糖尿病性腎臓病(DKD)は最近提唱された新たな治療概念です。これまでは利尿薬や糖尿病治療薬が中心でしたが、新たな治療選択肢としてケレンディアが登場したことは朗報だと思います!

 

木元 貴祥
MR受容体は心臓にも発現しているため、心不全領域への応用も期待ですね!

 

現在、心不全患者さん(左室駆出率40%以上)を対象としたFINEARTS-HF試験も進行中のため、結果が気になります。

 

以上、今回は糖尿病による慢性腎臓病のメカニズムと、ケレンディア(フィネレノン)の作用機序とエビデンスについて解説しました!

 

 

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

コロナ渦で改定しました。

 

日々の情報収集に最適

薬剤師の勉強・情報収集に役に立つ無料サイト・ブログ8選
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

株式会社PASS MED(パスメド)代表

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
私の勉強法紹介

-6.腎・泌尿器系
-, ,