1.中枢神経系

ブリィビアクト(ブリーバラセタム)の作用機序・イーケプラとの違い【てんかん】

PASSMED公式LINEの登録者特典|当サイトに掲載している図表の元データをプレゼント♪

2024年6月24日、「てんかん」を対象疾患とするブリィビアクト錠/点滴静注(ブリーバラセタム)が承認されました!

ユーシービージャパン|ニュースリリース

基本情報

製品名 ①ブリィビアクト錠25mg/50mg
②ブリィビアクト静注25mg
一般名 ブリーバラセタム
製品名の由来
製造販売 ユーシービージャパン(株)
効能・効果 ①てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)
②一時的に経口投与ができない患者における、下記の治療に対するブリーバラセタム経口製剤の代替療法
:てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)」
用法・用量 ①通常、成人にはブリーバラセタムとして1日50mgを1日2回に分けて経口投与する。
なお、症状により1日200mgを超えない範囲で適宜増減できる。

●ブリーバラセタムの経口投与から本剤に切り替える場合:通常、ブリーバラセタム経口投与と
同じ 1 日用量及び投与回数にて、1 回量を 2 分から 15 分かけて静脈内投与する。
●ブリーバラセタムの経口投与に先立ち本剤を投与する場合:通常、成人にはブリーバラセタムとして
1 日 50mg を 1 日 2 回に分け、1 回量を 2 分から 15 分かけて静脈内投与する。
いずれの場合においても、症状により適宜増減できるが、1 日最高投与量は 200mg とする。
収載時の薬価
発売日

 

ブリィビアクトはシナプス小胞タンパク2A(SV2A)に結合することで、てんかんの症状を抑制します。作用機序としては、イーケプラ(レベチラセタム)と同様ですね。

イーケプラ(レベチラセタム)の作用機序と副作用【てんかん】

続きを見る

 

木元 貴祥
後述しますが、ブリィビアクトはイーケプラよりも、より選択的にSV2Aに作用すると示唆されています。

 

今回はてんかんとブリィビアクトの作用機序について解説していきます。

 

薬剤師の高年収求人例

薬剤師トップエージェントでは、高年収求人はもちろん、在宅ワーク可能な人事・採用担当者求人、在宅特化型の薬局求人、育休・時短制度が充実している職場、副業可能な職場など、あなたに合った求人を提案させていただきます。

押し売りは一切いたしません。

求人情報をご覧になりたい場合は、ぜひ薬剤師トップエージェントにご登録くださいませ♪

薬剤師トップエージェントは、新薬情報オンライン直営のサービスです。

てんかんとは

日本におけるてんかん患者は約100万人と報告されています。

通常、脳の神経は興奮抑制がバランスよく働くことで正常な状態を保っています。

 

しかし、何らかの原因で興奮系の神経が強く働いたり、抑制系の神経の力が弱まることで、激しい電気的乱れ(過剰興奮)が生じます。

そうすると脳は適切に情報を受け取ることや、命令ができなくなり、体の動きをコントロールできなくなります。

 

これが、てんかんによる発作の発生機序です。

 

てんかんの種類と治療

てんかんは、発作のタイプによって、「部分てんかん」(約60%)と、「全般てんかん」(約40%)に大別されています。

部分てんかんは、脳の一部が興奮することで引き起こされ、全般てんかんは脳の全体もしくは大部分が興奮することで引き起こされます。

 

部分てんかんの第一選択薬として、テグレトール(カルバマゼピン)、ラミクタール(ラモトリギン)、イーケプラ(レベチラセタム)、次いでエクセグラン(ゾニサミド)、トピナ(トピラマート)が推奨されています。1)

 

今回ご紹介するブリィビアクトは、イーケプラと同じ作用機序かつ、同治療ラインで効果が認められているため、同列で推奨されるものと予想しています。

 

なお、全般てんかんの中でも重篤な発作型の一つでもある“強直間代発作”は、突然の転倒による重篤なけがの恐れがあるほか、その発作頻度は「てんかん患者の予期せぬ突然死」の最も重要な危険因子とされ、てんかんの中でも極めて重篤な発作型の一つです。

また、てんかんの発作症状が持続したり、意識障害があるまま短時間で反復したりする状態が「てんかん重積状態」です。こちらについては別記事で解説しますね。

ブコラム口腔用液(ミダゾラム)の作用機序・特徴【てんかん】

続きを見る

 

イーケプラについては、てんかん重積状態にも使用可能ですが、現時点ではブリィビアクトは使用できません。

 

脳の興奮系と抑制系

脳の興奮系と抑制系のバランスは以下の神経によって調整されています。

  • 興奮系神経:グルタミン神経
  • 抑制系神経:GABA(γ-アミノ酪酸)神経

 

グルタミン神経から分泌されるグルタミン酸が「NMDA受容体」や「AMPA受容体」に結合することで脳が興奮します。

 

一方、GABA神経から分泌されるGABAが「GABA受容体」に結合することで脳の興奮が抑制されます。

 

通常、てんかん発作時には興奮系の神経(グルタミン神経)が強く働いているため、

  • 興奮系神経を抑制する
  • 抑制系神経の働きを亢進する

といった治療が必要になります。

 

ブリィビアクト(ブリーバラセタム)の作用機序

グルタミン神経内のグルタミン酸は、SV2A(シナプス小胞タンパク質2A)と呼ばれる箇所から放出されます。

 

ブリィビアクトは、SV2Aに結合してグルタミン酸の放出を抑制するといった作用機序を有する薬剤です。

ブリィビアクト(ブリーバラセタム)の作用機序:SV2Aに作用し、グルタミン酸の放出を抑制する。イーケプラ(レベチラセタム)と同様の作用機序を有する。

 

グルタミン酸の放出が抑制される結果、神経の異常興奮が抑えられ、てんかんの症状緩和に繋がると考えられます。

 

エビデンス紹介:3つの第Ⅲ相臨床試験

代表的な臨床試験として、海外で実施された3つの第Ⅲ相臨床試験があります。2)

統合解析の結果、いずれの用量(1日50mg、100mg、200mg)においてもプラセボと比較して有意な改善が認められています。また、イーケプラの既治療例においても効果が認められていました。

 

なお、イーケプラ併用した場合のブリィビアクトの上乗せは特段認められていなかったとのことです。2-3)

 

木元 貴祥
まずは部分てんかんの初回治療や、イーケプラで効果不十分であった部分てんかんに対して使用されると思われますね!

 

用法・用量

剤形としては、錠剤と注射剤がありますが、基本は錠剤による経口投与です。

注射剤は、一時的に経口投与ができない患者における経口製剤の代替療法として使用されます。

 

<錠剤>

通常、成人にはブリーバラセタムとして1日50mgを1日2回に分けて経口投与します。

なお、症状により1日200mgを超えない範囲で適宜増減できます。

 

<点滴静注>

  • ブリーバラセタムの経口投与から本剤に切り替える場合:通常、ブリーバラセタム経口投与と同じ 1 日用量及び投与回数にて、1 回量を 2 分から 15 分かけて静脈内投与します。
  • ブリーバラセタムの経口投与に先立ち本剤を投与する場合:通常、成人にはブリーバラセタムとして1 日 50mg を 1 日 2 回に分け、1 回量を 2 分から 15 分かけて静脈内投与します。

いずれの場合においても、症状により適宜増減できるが、1 日最高投与量は 200mg とします。

 

副作用

3%以上に認められる副作用として、傾眠(14.9%)、浮動性めまい(10.9%)、疲労などが報告されています。

 

重大な副作用として、

  • 攻撃性(0.3%)

が挙げられていますので、特に注意が必要です。

 

添付文書では「攻撃性、激越、精神病性障害、易刺激性等の精神症状があらわれ、自殺企図に至ることもあるので、本剤投与中は患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。」との記載があります。

 

収載時の薬価

現時点では薬価未収載です。

 

部分てんかんに使用するSV2A作用薬との比較・一覧表

ブリィビアクトの類薬としては、部分てんかんに使用するイーケプラ(レベチラセタム)があります。

 

現時点で判明している情報を元に、一覧表としてまとめましたのでご参照ください♪

部分てんかんに使用するSV2A作用薬との比較・一覧表

 

ブリィビアクトのSV2Aへの親和性は、イーケプラよりも高いと考えられています。3)

 

木元 貴祥
この差がどう臨床的に影響を及ぼすのかは不明ですので、今後の検討が待たれますね。

 

なお、ブリィビアクトは現時点では成人のみのため、小児には使用できません。

 

まとめ・あとがき

ブリィビアクトはこんな薬

  • 部分てんかんに使用する新規のSV2A作用薬
  • グルタミン酸の放出を抑制し、神経の異常興奮を抑える
  • 1日2回の投与

 

ブリィビアクトは、既に世界50か国以上で使用されている薬剤です。

 

これまで、SV2Aに作用する薬剤としてはイーケプラ(レベチラセタム)しかありませんでしたので、ブリィビアクトも新たな治療選択肢として期待されています。

 

木元 貴祥
今後は、両薬剤の使い分け等の検討が待たれますね!

 

以上、今回はてんかんとブリィビアクト(ブリーバラセタム)の作用機序についてご紹介しました!

 

 

\ 新薬情報オンラインの運営者が執筆! /

本サイトが書籍化(オフライン化)して新発売

>>Amazonで立ち読み

新薬情報オンラインの更新情報をLINEで受け取ろう!

PASSMED公式LINE、はじめました。

友だち追加

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

 

日々の情報収集に最適

薬剤師の勉強・情報収集に役に立つ無料サイト・ブログ8選
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

株式会社PASS MED(パスメド)代表

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
私の勉強法紹介

-1.中枢神経系
-,