広告 薬剤師

薬剤師の転職サイト3選を選ぶなら?|評判とエージェントの質を比較

本記事は広告を含みます(令和5年3月28日内閣府告示第19号を受け、不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記)が、全て実体験に基づく内容です。

薬剤師の転職サイトの実体験を徹底解析!評判のよい転職サイトはどれ?

休みが取りやすい職場でプライベートを充実させたい

ちゃんと評価してくれる職場で働きたい

もっと年収の高い職場で働きたい

薬剤師としての専門性をもっと高めたい

 

薬剤師専門の転職エージェントサイトは世の中に多く存在していて、サイトによって求人・特徴が様々です。

正直な話、転職サイトを選ぶだけでもしんどくないですか・・・??私はしんどかったです。。

 

今回の記事では「これを選べば間違いなし!」という転職エージェントを3つピックアップしました。本サイト(メディカルタックス)と新薬情報オンライン運営者の薬剤師2名(木元Key)が実際に利用・取材をしてきましたので、その使用感や求人の内容も全て把握した上での紹介です。

 

木元
本当にこれを選べば間違いなし!と自負しています。

 

実際に利用したサイトは以下ですが、この中から特に転職で利用すべき3社(下記の太字)をピックアップしました!いずれも面接同行やアフターフォローが充実しています。

転職サイト 公式URL
薬剤師トップエージェント https://passmed.co.jp/topagent/
アプロ・ドットコム https://www.apuro.com/
ファルマスタッフ https://www.38-8931.com/
ファーネットキャリア https://career.pha-net.jp/
リクナビ薬剤師 https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
薬キャリAGENT https://agent.m3career.com/
マイナビ薬剤師 https://pharma.mynavi.jp/
ファル・メイト https://www.pharmate.jp/
ジョブデポ薬剤師 https://j-depo.com/yaku
アポプラス薬剤師 https://www.apo-mjob.com/

 

各転職エージェントには、それぞれ特徴があります!

 

求職者のあなたにとって、どこと相性が良さそうか?ぜひ、考えを巡らせながらお読みください♫
Key

 

木元
本記事では特徴が分かりやすいように独自の一覧表も作成していますので、参考にしてもらえると嬉しいです!

薬剤師転職サイト:実際に利用した体験談・レビュー・使用感をまとめました

 

主には正社員・派遣で調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬企業・CRO・メディカルライターへの転職を考えているあなた向けの記事です。

 

もしあなたが薬剤師としての本業で在宅ワーク・テレワークをお探しの場合、下記の記事で特化して解説していますので、是非ご覧くださいませ~。在宅ワークも含めて、薬剤師の転職ならまずはアプロ・ドットコムに登録しておくとよいでしょう。理由は以下で解説しています。

薬剤師がリモートワーク可能な働き方を副業・本業(転職)別に実体験に基づき解説しています。
薬剤師も在宅ワークの時代!オンライン服薬指導・ライターにチャレンジ

 

薬剤師の転職サイトなら

薬剤師トップエージェント
医療機関の正社員に限定する場合はココ。手厚さNo.1&ミスマッチ0

アプロ・ドットコム
幅広い求人を保有!派遣製薬企業・ライターも視野に入れるならココ。

ファルマスタッフ
派遣薬剤師求人を探すならココ。レア求人も一部あり。

 

おススメの転職エージェントサイト3選!

 

木元
実際に利用・取材してみて良かったエージェントサイトを3つご紹介していきます。

 

今回紹介する3社なら、デメリットで挙げているようなエージェントの当たりはずれやしつこさはかなり軽減できると思います。これは実際に利用したから言えること。

他の転職エージェントサイトを利用した時にはしつこかったり、転職を急かされたりすることがしばしばありましたので・・・。

 

それでは順に紹介していきましょう!

 

しばらく現職を続けるつもりで転職する意思は固くなくとも、情報収集のみからでも対応してくださいますので、「あなたに合うサイト」を「あなたに合った使い方」でご利用いただければ嬉しく思います★

 

薬剤師トップエージェント|転職で妥協したくないあなたに

公式サイト:https://passmed.co.jp/topagent/

 

薬剤師トップエージェントの最大の特徴は

  • 提案型で押し売りゼロ
  • 手厚いサービス
  • ミスマッチ・失敗をゼロにできる
  • 調剤薬局・ドラッグストア・病院の高年収求人に強い

ことでしょうね。

 

木元
こちらは当社PASSMEDのサービスで、業界に精通していて最高評価を取得してきた転職エージェントさんのみがあなたの対応にあたります。

 

薬剤師トップエージェントの主なサービス内容は以下です。

  • 初回の面談・ヒアリングで希望・条件を引き出す(基本、対面)
  • 希望・条件に合った求人提案、なければ全国から探す
  • 条件等(例:年収、勤務地、奨学金返済サポート)の交渉
  • 希望店舗の現地調査
  • 見学会同行(求職者と医療機関の希望があれば)
  • 面接同行
  • 面接後のフォローと結果のフィードバック
  • 面接に落ちた場合、今後に向けた対策
  • 内定・転職後も定期的にフォローあり

 

どういった連絡のやり取りをしているのか、メールやLINEを見せて頂きましたが、「そこまでやるか!」と思うほどの手厚いサービスで利用者満足度が非常に高いのが特徴です。

 

他の転職エージェントサイトでは見学会同行や面接同行はあまり行いませんが、薬剤師トップエージェントでは必ず同行をしますので、初めての転職や第二新卒の転職でも安心です。

薬剤師トップエージェントでは求職者と密なLINE連絡を行っている

 

 

見学会はその施設の雰囲気を知れる良いチャンスですので、転職の際にはやっておいて損はありませんね。
Key

 

初回登録後には必ず求職者にお会いして、細かいところまで聞き取るということをモットーにされていて、その後は電話・メール・LINEなどでの対応となります。

 

親身になって話を聞いてもらえ、都度、浮かび上がった「疑問点・問題」を解決できるように提案・交渉して頂けるので非常に安心感があります。

実際に、薬剤師トップエージェントのエージェントさんは、日頃から薬局の経営層や採用担当者と密に連携を行っていることから、通常の転職サイトに求人票が掲載される前から情報を入手しています。

 

これもトップエージェントならではの仕事ですね。それが決め手で理想の転職が可能となった方もいらっしゃいましたよ~。

 

求人票掲載前に入職決定

ドラッグストア(準大手)→調剤薬局(3店舗経営)

関西地区20代男性の例

この方は、1年間の国家試験浪人を経験し、準大手ドラッグストアに入社されました。年収も高くて、福利厚生も充実していたのが決め手で入社を決めました。

2年目にドラッグストア併設調剤店舗の管理薬剤師として異動になり、責務を全うしていましたが、1日の平均処方箋枚数が5枚程度ということもあり、かなり落ち着いて業務はできていました。

しかし、薬学生時代の友人に色々仕事の相談をしていると明らかに差が開いていると実感したそうです。具体的には、在宅業務、ラウンダー業務、往診同行、社内研修、薬の知識などの経験です。

時期的に結婚も視野に入れている時期で異動が多いということと、もう少し自分を追い込んで幅広い業務ができる職場に行きたいと思い転職を決意されました。そんなタイミングで薬剤師トップエージェントに登録されています。

当時の彼女様(現、奥様)との同棲生活が始まるタイミングで、引越しも控えていたので、転居先から近くて大阪府内に3店舗経営している調剤薬局を勧めました。タイミングよく3店舗目のオープニングスタッフと在宅業務にかなり力を入れている薬局でしたので、求職者も魅力を感じてもらってスムーズに入社が決定しました。

今回の体験では3つのポイントが重なってスムーズに転職をアテンドすることができました。

  1. オープニングスタッフの募集
  2. 在宅業務に力を入れているが、外来も多く、幅広い業務に携われる
  3. 彼女様との同棲生活開始、引越し先からの通勤圏内

入職先の薬局社長と日頃から良く会話して連携を密にしていましたので、いつ、どこに薬局がオープンするという情報が直接薬局社長から耳に入りました。そのため、求人サイトに掲載される前に求職者にアプローチできるというところが、今回のキーポイントです。

 

その後、上記の方が働き始めてから、サービス内容についてアンケートを行ったところ、以下の回答が得られました。ありがたい限りです!

  • Q:トップエージェントとはどのように出会いましたか?
  • A:大学の同窓会のときに、仕事のことで悩んでいて友達に相談したところ、紹介してもらいました。その場で連絡先を聞いて、次の日には直接面談をしてくれました!!笑
  • Q:実際に働いてみて条件のギャップはありますか?
  • A:オープニングスタッフということもあり、まだまだ店舗のルールというところを決めていってる最中なのでギャップというギャップはありません
  • Q:他社人材エージェント担当者と違うところはありましたか?
  • A:他社人材エージェントは使っていません。自分1人で活動しようと思っていましたが、自分1人では到底無理ということが動いてみてわかりました。助けてもらって本当に感謝しています。大満足でした。
  • Q:エージェント担当者に一言
  • A:電話をさせてもらい、次の日に会っていただいたのが印象的です!!面談も雑談を交えながら楽しく話していただき、薬局業界や転職事情など色々勉強になりました。転職後、まさかまさかエージェントさんと一緒にサウナに行くとは思ってなかったですが、転職後も色々気にかけていただいております。妻も薬剤師なので、妻が転職する際は是非よろしくお願いします!!

 

また、他の転職エージェントサイトでは、エージェントと法人営業担当者が別々のため、なかなかエージェント自身が店舗の情報を入手し辛いという懸念点があります。

しかし、薬剤師トップエージェントでは、一人のエージェントさんが法人営業も兼ねているため、必ず希望の店舗・法人に足を運び、社長はもちろん、採用担当者や事務員の態度(窓口にたつ事務員の対応で薬局の良さが出る)、スタッフ間の雰囲気を確かめています。それを求職者に包み隠さずお伝えするため、ミスマッチを0にすることが可能です!

 

実際に、担当するエージェントさんから転職した薬剤師で、1年以内の早期退職・離職は「0名」でした。それだけミスマッチが発生していないと言えますね。

 

残業無し、年休消化100%、家の近く、連休もOK、こんなわがまま条件のホワイト薬局も薬剤師トップエージェントならきっと見つかる!!

薬剤師の転職エージェントサイトならホワイトな職場もきっと見つかる

 

求人票をここに掲載することはできませんが、残業代が1分刻みで請求できる薬局求人や、オンライン服薬指導可能な薬局求人もありますよ~♪ちなみに、これくらいの希望・要望があっても求人を見つけてくれるそうです、頼もしいっ。

薬剤師トップエージェントなら希望・要望を全てクリアして交渉してくれる

 

一方、デメリットとしては以下が挙げられます。

 

薬剤師トップエージェントのデメリット

  • 密な連絡・面会が多いため、ササっと決めたい人には不向き
  • 製薬企業の求人は一切取り扱っていない
  • 派遣は一切取り扱っていない

 

以上より、こんなあなたには是非利用をおススメしたいです!!

 

薬剤師トップエージェントはこんなあなたにおススメ

  • 初めての転職で不安がある
  • 今の職場に強い不満がある
  • ネットの求人票で希望の職場が見つからない
  • 他の転職サイトで失敗したことがある
  • 希望・要望は全て絶対に叶えたい妥協したくない

薬剤師トップエージェントに登録

担当者が本当に親身で親切!

 

木元
初回転職の方にオススメと書きましたが、2回目以降の転職の方にもオススメです。前回の転職活動との違いがよく分かると思いますよ♪

 

正直言って、薬剤師トップエージェントは派遣求人は無く、大手の求人にも強くありません!企業求人や在宅ワーク求人にも強くありません!

でも、中小薬局やドラッグストアとのパイプ作りやエージェントさんのリサーチ&交渉力は本当に他社を圧倒する一級品✨ 高年収を目指したい時にも必ずお役に立てます。

薬剤師が転職で高年収(700万円以上)を目指せる調剤薬局ポジション3選

続きを見る

 

ぜひ、自分だけでは、あるいは他の転職サイトでは見つからなかったような「掘り出し物の求人」を探してみてくださいね。今なら、臨床で差がつく書籍『新薬情報オフライン』のプレゼントキャンペーンも実施中です!

 

 

アプロ・ドットコム|派遣求人が豊富!IQVIAなので企業にも強い

公式サイト:https://www.apuro.com/

 

アプロ・ドットコムのメリットは

  • 都市部・地方の企業(製薬企業、卸、CROなど)の求人が多い
  • 地方企業の管理薬剤師求人も保有している
  • 単発派遣薬剤師の求人数が多く、住民税の「普通徴収」が可能

という点です!!

 

運営母体は、臨床研究・CRO・医療系情報系の大手外資企業である「IQVIA」社(旧:クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン)のため、企業求人に強いといった特徴があります。

 

そのため、医療機関(薬局・ドラッグストア・病院)だけではなく、製薬企業・卸といった幅広い求人も保有しています。こちらは在宅勤務可能な関東のCRA求人ですねー!

 

また、地方企業(卸など)の管理薬剤師求人も豊富です。

薬剤師がリモートワーク可能な働き方を副業・本業(転職)別に実体験に基づき解説しています。
薬剤師も在宅ワークの時代!オンライン服薬指導・ライターにチャレンジ

続きを見る

 

その他、昨今の働き方改革や副業の解禁によって、薬剤師も副業で派遣やライターをしてみたいという方が増えてきました。しかし、本業の職場で許可していない場合、副業に踏み出せないといった声もよく聞きます。

しかーーーーし!アプロ・ドットコムの単発派遣薬剤師なら、本業の職場にバレることなく副業することが可能です。

 

その理由が住民税の普通徴収です。こちらについては別の記事で詳しく解説しているので、ご興味があれば見てみてください。同じく単発派遣薬剤師求人を保有しているファルマスタッフは、住民税の普通徴収が不可であることを確認済です。

薬剤師の副業がバレない方法3選を伝授!バレるパターンを理解しよう

続きを見る

 

副業で派遣をやりたいな、と思う場合にもよいサイトだと思います!

 

木元
一方、デメリットとしては以下が挙げられます。

 

アプロ・ドットコムのデメリット

  • 手取り足取りといった手厚さはファーネットキャリアに劣る
  • バイト・パートではあまり熱心に探してくれない。

 

以上より、こんなあなたには是非利用をおススメしたいです!!

 

アプロ・ドットコムはこんなあなたにおススメ

  • 医療機関以外の働き方を試してみたい
  • 在宅ワーク・テレワーク可能な企業求人を探したい
  • 幅広い求人を見てみたい
  • 副業で単発派遣薬剤師を経験したい

アプロ・ドットコムに相談する

幅広い求人を探そう

 

 

ファルマスタッフ|高時給の派遣求人数は業界トップ!薬局以外の求人もあり

公式サイト:https://www.38-8931.com/

 

ファーネットキャリアには少し劣りますが、じっくり話を聞いて頂いて、ライフスタイル、勤務形態、条件のすり合わせなど、あなたにピッタリ合った派遣先を紹介してもらえます。

 

正社員やバイト求人ももちろんありますが、

  • 高時給の派遣薬剤師の求人(1~2か月からOKな短期や単発スポットも可)

が非常に豊富ですので、今後の働き方で派遣も視野に入れているならファルマスタッフが最もおススメです。

 

派遣薬剤師は、自分の空いている好きな時間に近所の調剤薬局やドラッグストアで働くイメージですね。

コロナ禍では派遣求人が激減しましたが、そんな中でもある程度の求人数を保っていて、かつ時給が4,000円を超える派遣薬剤師求人もあったのがファルマスタッフです。最近では高時給の派遣求人も復活しています。

東京23区在住の薬剤師

 

その他にもファルマスタッフは担当者の手厚さが売りです!条件交渉から、面接対策までバッチリ行ってくれますよ!求人のある店舗までちゃんと足を運んで調べてくださっているので安心できます。

 

木元
(事前に面接で聞かれる内容を教えてくれるのは本当にスゴイ・・・いいのか・・?笑 )

ファルマスタッフの交渉力や面接同行は心強い

 

また、地味に助かるのが「土日も対応」してくれることですね。多くの転職エージェントは平日の対応ですが、ファルマスタッフは土日も対応してくださりますよ!

 

希望条件に✅を入れて検索可能ですので、あなたの希望する条件(例:高額派遣、短期・スポット、等)を指定して検索してみてください。

ファルマスタッフの検索画面

 

実際に私たちが実施した転職サイトアンケートでは、以下の声が挙がりました。ドラッグストアへの転職者の満足度が一番高かったのがファルマスタッフの特徴でした。

  • 担当者が真摯かつ丁寧でした(ドラッグストア薬剤師)
  • 企業の評判や内部情報を知れた(医療関連企業薬剤師)
  • 担当者とのやりとりがスムーズだった(薬局薬剤師)
  • 就職条件をかなり交渉してくれた(ドラッグストア薬剤師)

※薬剤師転職VOICE|2022年11月イベント参加者の薬剤師150名。内アンケートの有効回答82名。

 

木元
一方、デメリットとしては以下が挙げられます。

 

ファルマスタッフのデメリット

  • 登録当初は求人メールが多い
  • 密な連絡・面会が多いため、ササっと決めたい人には不向き

 

ファルマスタッフでは単発派遣求人も保有しているのですが、求人数は非常に数が少ないため、同じく単発派遣求人を保有しているアプロ・ドットコムとの併用が好ましいです。1~2か月の短期的な派遣求人でしたらファルマスタッフが豊富に保有しています。

薬剤師の単発・短期派遣を実体験:隙間時間でも可能な自由度の高い働き方

続きを見る

 

以上より、ファルマスタッフが適しているのはこんなあなたです!

 

ファルマスタッフはこんなあなたにおススメ

  • 高時給な派遣薬剤師の求人を探したい(単発・短期~中長期)
  • 時給や勤務条件の交渉が苦手(親身になって全部やってくれます)
  • 土日に相談に乗って欲しい
  • 副業可能な求人(派遣・バイト)を探したい

ファルマスタッフ公式サイト

派遣を探すならココ一択で間違いなし

 

実体験の記事もありますので是非ご参考にしてみてください。アプロ・ドットコムとの比較・違いなども紹介しています♪

派遣薬剤師ならファルマスタッフ|実体験を徹底解説!求人数・交渉力は圧倒的

続きを見る

 

 

転職エージェントサイトを利用するメリット

薬剤師の転職サイトなら

薬剤師トップエージェント
医療機関の正社員に限定する場合はココ。手厚さNo.1&ミスマッチ0

アプロ・ドットコム
幅広い求人を保有!派遣製薬企業・ライターも視野に入れるならココ。

ファルマスタッフ
派遣薬剤師求人を探すならココ。レア求人も一部あり。

 

上記で紹介したような転職エージェントサイトを利用するメリットとデメリットを簡単に紹介していきましょう。

 

木元
私自身、転職エージェントサイトを利用して何度も転職経験がありますので、参考になると思います。

 

メリット①:労力が激減する

一番のメリットがこれでしょうね。

最初に希望の求人・要望を伝えておくだけで、以下の作業をすべて代行してくれるため、自身の労力がかなり軽減します。

 

こんな雑務を代行!

  • 求人の検索
  • 年収や労働条件などの交渉
  • 面接・見学会の日程調節
  • 入社時期の調整
  • 必要書類のピックアップ

 

ひと通り要望を伝えておくだけで、適宜メールやLINEで求人情報を送ってもらえるため、かなり楽です。自分でイチから探すのと全然違います。

 

ほとんどの薬剤師は働きながら転職活動をするため、仕事の合間を縫って求人を探さなければいけません。ただでさえ疲れているのに、これはかなりの負担になってしまいます。

 

木元
転職エージェントサイトを利用すると、面倒な調整や交渉は全て丸投げできるため、負担は確実に軽くなりますね。

 

メリット②:非公開求人・内部情報の入手

薬剤師の転職を成功させるなら非公開求人を見つけよう

 

あなたが転職活動をする際、インターネットなどで「薬剤師 転職 薬局」等と探していませんか?

 

ネットに出回っていて閲覧できるのは『公開求人』しかありません。転職サイトが所有している「非公開求人」を選択肢に含めずに全てを決めてしまうのは、ハッキリ言ってもったいない!いえ、もったいなさすぎます!!

 

最近では、Googleで検索すると「Googleしごと検索(Google for Jobs)」の結果が表示されてしまいますが、これもほとんどが公開求人ですので注意してください!!

中には非公開求人も含まれていますが、その場合、クリックしても何の詳細情報も得られません。

Googleしごと検索(Google for Jobs):検索結果

 

 

実は薬剤師の転職求人は30~40%が『非公開求人』で、ネットやチラシでは知り得ない極秘求人情報です。求人を募集している企業名や医療機関名が分からないようになっています。

【参考】マイナビ薬剤師|非公開比率は約35%

 

木元
つまり、あなたが何も考えずに検索しているだけでは絶対に知り得ないのが『非公開求人』というわけですね。例えば、非公開求人ならこんな求人も。

 

ずばり転職活動をする上ではこの非公開求人の情報をいかに多く・効率よく集められるかが勝負になります!!!

 

なぜ、企業や医療機関が求人を非公開にするのでしょうか?その理由はコレです。

  • 人員不足を競合他社に悟られたくない
  • 年収・条件を自社社員や競合他社に知られたくない
  • 「大々的な募集=大量の人が退職した」と思われたくない
  • 「大々的な募集=事業拡大」と勘付かれたくない
  • 好条件・好待遇の場合、応募の殺到を防ぎたい

 

これは実際に転職サイトの担当者から聞いた話です。

 

例えば、今お勤めの薬局であなたが年収600万円としましょう。そこに1名の退職者が出て、欠員を募集することになりました。

急を要するために年収650万円で募集をかけたいのですが、この情報をあなたが見たらどう思いますか?

 

・・・・・私の年収より高いやんけ・・・・。
Key

 

木元
こう思ってしまうはずですよね・・・。

 

また、この募集条件が近郊の薬局にバレてしまった場合、近郊薬局が年収660万円で募集をかける可能性もあります。

 

このような理由により、薬剤師の転職求人はほとんどが非公開求人にして水面下で募集を行っているのです。

 

事業拡大のために水面下で募集をする場合にも非公開求人は有効ですね。製薬企業も事業拡大前に水面下の募集をよく行いますよ。

 

以上より、あなたの希望に合致する非公開求人はネットに出回ることなく他の誰かに取られてしまっていて、ネットにはまず掲載されていません。

 

薬剤師の転職求人探しは情報戦です。転職を成功させるなら、必ず転職エージェントサイトを利用し、非公開求人の情報を手に入れてください!

 

また、転職エージェントは色んな薬剤師の退職理由や愚痴・職場環境を聞いて把握しているので、各企業・薬局の内部事情(裏事情)に詳しいのも心強いです。表面上はホワイト企業に見えても実態は・・・ということはよくあります。

上記ツイートには『複数』のエージェント会社を利用とありますが、個人的にはまずは1社で大丈夫だと考えています(理由は後述)。いずれにせよ、信頼性のある「評判」を色んな手段で入手することが大切です。

 

木元
転職エージェントサイトを利用して、非公開求人・内部情報を効率的にGETしましょう!それが成功への近道です。

 

前述のように、薬剤師トップエージェントなら求人票がネットに掲載される前から情報を入手していますので、ぜひご活用ください。

 

薬剤師の転職サイトなら

薬剤師トップエージェント
医療機関の正社員に限定する場合はココ。手厚さNo.1&ミスマッチ0

アプロ・ドットコム
幅広い求人を保有!派遣製薬企業・ライターも視野に入れるならココ。

ファルマスタッフ
派遣薬剤師求人を探すならココ。レア求人も一部あり。

転職エージェントサイトのデメリット

続いてデメリット面です。

デメリットも理解した上で利用するとより良いでしょう。

 

デメリット①:頻繁な連絡は鬱陶しい

基本、求人案内や日程調節はメールやLINEですが、電話で対応することもあります。

あまりに電話の頻度が多いと、こちらの時間を取られてしまいますので、私自身も当初は鬱陶しいと感じてしまうこともありました。

 

最初から「基本はメールでお願いします」と伝えておけば、ある程度は回避できると思います(←私もこれで伝えています。初回はさすがにお話ししますが💦)。

 

また、ネット・ブログの情報では、

  • 選択肢を増やすために複数の転職サイトに登録しよう!
  • エージェントの当たりはずれがあるから複数利用は必須!
  • 早く転職するためには複数の転職サイトを活用!

と謳われていますが、ハッキリ言って、まずは1社だけで十分。

 

というのも、複数社登録すると、その分メールや連絡も多くなってしまうからです。

 

せっかく労力を軽減する目的で転職エージェントサイトを利用するのに、その返信・対応で労力を削がれるのは不本意ですよね。

 

木元
まずは1社だけ利用して、それで合わなかったり不満に感じるようなら、別の1社に頼るようにしましょう。

 

デメリット②:担当エージェントの当たりはずれ

転職エージェントサイトの担当エージェントさんは基本、丁寧でこちらの意図に反するような方はいらっしゃいません。

 

しかし、相手も人間です。

 

稀に、話していて何となく意図が伝わらない方や、話がかみ合わない方がいらっしゃいます。

 

木元
こればっかりは人同士なので仕方ありません。運です。

 

合わないエージェントさんが担当になった際にはチェンジすることもできます!・・・が、その場合は別の転職サイトの利用に踏みきる方が多いですね。

 

デメリット③:転職を急かされる

複数社内定を貰うと、転職エージェントサイトによっては、

  • どこに決めますか?
  • いつまでに決められそうですか?
  • 早めに決めた方が手続きがスムーズですよ

と早めの意思決定を迫られることがあります。

 

これは転職エージェントサイトの収益面が関与していると考えれます。

転職が決定すると、その年収に応じた報酬(マージン)が就職先から転職エージェントサイトに支払われます。

 

転職エージェントサイトは自社の利益のために、このマージンを回収しないといけません。そのため、転職・意思決定を急かすのです。

 

しかし、あなた側(転職者側)からすれば、そんなことのために急ぐ必要は断じてありません!

 

急な意思決定をしてしまうと、転職してから「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔するかもしれません。そうなるとその転職活動は失敗です。。

 

転職活動を失敗させないためにも、じっくりと考えて納得した上で最終的な意思決定を行ってください。

 

急かされたとしても、じっくりと考えたい旨をちゃんと伝えれば、1週間程は待ってくれますよ。

 

木元
例えばこんな感じでしょうか。
  • 「生活が懸かっているので、もう少し待ってください」
  • 「家族と相談したいので、〇〇までには決めます」
  • 「前の転職で失敗したので、今回はじっくりと考えたい」

 

今回ご紹介した3つの転職エージェントサイトは、急かされたりすることはありませんよ!(少なくとも薬剤師トップエージェントでは、絶対にありません。あれば私に通報してください。)

 

最後に

木元
あなたが転職に求めることは何でしょうか?
  • 年収をあげたい
  • 残業時間を減らして自由な時間を手に入れたい
  • 社会的地位をあげてキャリアを積みたい
  • 色々な医療機関でスキルアップをしたい
  • 大手で上を目指したい
  • 現職の悪い人間関係をリセットしたい
  • 楽な仕事に就きたい
  • 気の合う仲間と仕事がしたい
  • ワークライフバランスを重視したい

 

色々な希望・要望・実現したい事があると思いますが、これらを叶えるための第一歩が転職活動です。

今の職場の年収に満足していなかったり、職場環境が適していなかったり、色々不満がある場合、常に転職市場を見ておくことをおススメします。

 

 

正直、本当に転職するかどうかは「内定を取ってから悩めばいい」と思っています。私も転職時には3件の内定をいただきましたが、うち2件は条件等の都合で内定辞退しました。

 

まずは行動あるのみです!

内定を取って「やっぱり違うかも」と思えば辞退してもいいんです。その際にはエージェントさんが手助けしてくれます。

Key

 

今回、紹介した3つのエージェントサイトは当サイト運営の薬剤師2名(木元、Key)のお墨付きですので、安心してご利用ください。各サイトの特徴は下表にまとめてみました!

薬剤師転職サイト:実際に利用した体験談・レビュー・使用感をまとめました

 

転職を検討している場合、とりあえず1社に登録しておけばOKです。最初から複数社登録する必要はありません。

薬剤師の転職サイトなら

薬剤師トップエージェント
医療機関の正社員に限定する場合はココ。手厚さNo.1&ミスマッチ0

アプロ・ドットコム
幅広い求人を保有!派遣製薬企業・ライターも視野に入れるならココ。

ファルマスタッフ
派遣薬剤師求人を探すならココ。レア求人も一部あり。

 

まずはどれか、気になる1社に登録して非公開求人情報を集めていただければ幸いです。あなたの転職活動が成功することを切に願います☆

 

★公式サイトはこちら★

 

\ 医療機関に強く、妥協したくない!/

薬剤師トップエージェント

 

\企業求人に強み!/

アプロ・ドットコム公式サイト

体験記
薬剤師の単発・短期派遣を実体験:隙間時間でも可能な自由度の高い働き方

 

\派遣薬剤師求人が充実!/

ファルマスタッフ公式サイト

派遣なら一択
派遣薬剤師ならファルマスタッフ|実体験を徹底解説!求人数・交渉力は圧倒的

単発派遣求人を探すならファルマスタッフアプロ・ドットコムの併用は必須!

 

 

お知らせ

本サイトから薬剤師とお金の本を出版しました!

薬マネ:薬剤師になったら最初に読みたいお金の本の評判・レビュー

薬剤師に必要なお金の知識が、1冊で体系的に学べる

 

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、3級FP技能士、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。
普段は講師業を主としていますが、FP資格を活かしてガンガン投資・節税中です!
プロフィール・運営者詳細

-薬剤師
-, , , ,