生物系薬学

生物:タンパク質・代謝経路(19問)

成績優秀者限定の就活|薬学生プレミア

問1 血中に最も多いタンパク質はどれか。

①コラーゲン

②ケラチン

③アルブミン

 

問2 真核生物の核内でDNAに結合して存在しているタンパク質はどれか。

①ケラチン

②ヒストン

③コラーゲン

 

問3 タンパク質の一次構造に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①αヘリックス構造とβシート構造が形成される。

②加熱により構造が破壊される。

③ペプチド結合やジスルフィド結合により形成される。

 

問4 鉄の貯蔵に関与しているタンパク質はどれか。

①トランスフェリン

②フェリチン

③ヘモグロビン

 

問5 タンパク質の翻訳後修飾において、糖鎖による修飾を受けるアミノ酸残機はどれか。

①L-アラニン

②L-アスパラギン

③L-グルタミン酸

 

問6 構造中にセレン(Se2+)を含むタンパク質はどれか。

①セルロプラスミン

②スーパーオキシドジスムターゼ

③グルタチオンペルオキシダーゼ

 

問7 プロテアソームによるタンパク質分解の指標となるタンパク質翻訳後修飾はどれか。

①アセチル化

②ユビキチン化

③リン酸化

 

問8 解糖系に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①すべて可逆反応である。

②細胞質で進行する。

③反応には酸素が必要である。

 

問9 解糖系により1モルのグルコースから生成されるATPはいくつか。

①2モル

②4モル

③6モル

 

問10 解糖系の嫌気的条件下で1モルのグルコースから生成するものはどれか。

①ピルビン酸

②アセチルCoA

③乳酸

 

問11 好気的条件下、ピルビン酸の酸化的脱炭酸反応に関与する酵素はどれか。

①ピルビン酸キナーゼ

②ピルビン酸デヒドロゲナーゼ

③ピルビン酸カルボキシラーゼ

 

問12 ピルビン酸の酸化的脱炭酸反応の補酵素はどれか。

①チアミンピロリン酸

②ピリドキサールリン酸

③テトラヒドロ葉酸

 

問13 ピルビン酸の酸化的脱炭酸反応に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①可逆的反応である。

②細胞質で進行する反応である。

③好気的条件下で進行する反応である。

 

問14 クエン酸回路に関する記述のうち、正しいのはどれか。

①ミトコンドリアに存在する経路である。

②1回転する間に3モルのCOを放出する。

③すべて不可逆的反応である。

 

問15 クエン酸回路1回転により生成するATPはいくつか。

①10モル

②20モル

③30モル

 

問16 電子伝達系に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①ミトコンドリア外膜に存在する系である。

②最終産物は酸素である。

③補酵素Qは電子授受に関与する。

 

問17 電子伝達系、酸化的リン酸化に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①電子がNADHからフラビンタンパク質に伝達されると、プロトン(H)がミトコンドリアの膜間腔に汲みだされる。

②電子の最終的な受容体は、水分子である。

③1モルのNADHから約1.5モルのATPが生成する。

 

問18 脂肪酸のβ酸化反応が起こる場所はどこか。

①細胞質

②ミトコンドリアマトリックス

③ミトコンドリア外膜

 

問19 ペントースリン酸回路に関する記述のうち、正しいものはどれか。

①ATPやNADHなどの高エネルギー化合物が産生する。

②グルコース6-リン酸の酸化でNADPHが得られる。

③心筋や骨格筋で機能する。

 

 

生物系薬学の問題選択に戻る

他の科目選択(TOPページ)

★CBTの対策・勉強法については以下の記事をご確認ください。

薬学部CBT対策で押さえておきたい勉強法!合格率99%でも油断大敵

続きを見る

薬学部の就活は「薬学生サクセス」にお任せ!!

就活でこんな悩みのあるあなたに

  • 就活に出遅れて不安が多い
  • なるべく就活の労力を減らしたい
  • 履歴書・面接対策・自己分析が分からない
  • 希望・要望・年収は全て絶対に叶えたい

薬学生サクセスは手厚いサポートで就活におけるミスマッチ・失敗を最小限にできる理由があります。

薬学生サクセスの評判を徹底取材|薬学部の理想の就職・就活のために

続きを見る

成績優秀者なら薬学生プレミアへ!

薬学生プレミア公式サイト:https://passmed.co.jp/premier/

 

★薬学部の就活については以下の記事をご確認ください。裏技的な必勝法を伝授します。

要チェック!
薬学部の就職活動は楽じゃない!!就活必勝法と主な就職先の年収は?

続きを見る

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他 【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。 今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。 お問い合わせ・家庭教師の依頼

-生物系薬学